かつら・増毛・修理|お客様の声(1)|大手店と同等の製品が7万円~オーダメイド。まとめ購入不要の増毛も好評を頂いております
かつら

かつら・増毛・修理|お客様の声(1)

薄毛
■福岡県春日市 60代女性のお客様から頂いた声
「市販のウィッグは取り付けが面倒だったので、グッドジョブのウィッグに買い替えました。自毛に合う色に染色も可能でした」今までウィッグに対して、あまりこだわりも無く、近くのデパートで買った手軽なウィッグを使っていました。
しかし、市販のものはセットするのが面倒だったので、インターネットでグッドジョブヘアを見つけ、相談してみました。実際に店頭で見せていただき試着したところ、大変気に入りました。見せてもらったウィッグは自毛よりも色が明るかったのですが、染色も可能だったので、自分の自毛に合う色に染めて貰いました。グッドジョブヘアのウィッグに変えてから、取り付けも簡単になり、付け心地も軽くて本当に満足しています。また洗ってもすぐ乾きますし、毎朝つけるだけで簡単にセットできています。
薄毛
■福岡県福岡市在住 40代男性のお客様から頂いた声
円形脱毛症がひどく以前は分け目を変えて隠していましたが抜け毛がひどくなり、自分ではどうしようもなくなりグッドジョブヘアーに相談しました。円形脱毛のことを周りにも相談できなくて悩んでいたので初めは電話で相談するのも時間がかかりました。電話相談すると、思っていたより話しやすい感じだったので予約を取りました。
電話で円形脱毛にはいろいろなタイプの人がいて、皆がウィッグをつけないといけないわけではないと」言われたのですごく悩んでいたので安心しました。来店して、自分の悩みを相談できたのとどんなふうに使いたいかをしっかり聞いてもらえたので髪が抜けるのはいやだけど何かあれば相談できるので安心できました。
薄毛
■福岡県福岡市 40代女性のお客様から頂いた声
ヘアースタイルを変えたかった。それにはどうしていけばいいかなど細かいところまで相談出来る増毛の会社さんを探していました。初めは不安でしたが無料体験のみでもいいとのことでお店に行きました。
その日は300本増毛・無料体験だけさせてもらいましたが、動画で見たように、女性の担当者の方が丁寧に時間をかけて1本1本を増毛してくれた事、女性目線での気配りをいただけた事に非常に安心感を抱きました。勿論、体験後の仕上がりも自然で僅か300本の増毛でしたが以前よりもボリュームアップした仕上がりに非常に満足しました。
これならば安心。と思い次回の増毛の予約をしてお店にお伺いさせて頂き、自分が行ないたいヘアスタイルの相談をしながら、髪を増やしたい場所をお店の人にお伝えすると、それならばここに増やしたほうがいいとか、自分の考えている予算までちゃんと聞いてくれた事も非常に好感で、ヘアースタイルを変えたかったのでそれにはどうしていけばいいかなど細かいところまで相談できてよかったです。
以前メーカーさんに行った時は自分の意向とは別に、本日1万本単位で契約すれば1本辺り※※円と言うような営業を受けた苦い経験がありましたので、実はグッドジョブさんに体験でお伺いした際も「きっと営業受けるんだろな」と疑心暗鬼だった所もございましたが、実際には何の契約も強要される事なく、「私がこうしたい」と言う要望を中心にお考えになって頂くアットホームな雰囲気。仕上がりに非常に満足してます。また再利用も可能な増毛法ですから以降の経済的な負担も低い事も嬉しいですね。
薄毛
■長崎県 佐世保市 40代男性のお客様から頂いた声
修理費が10万以上もかかると言われて、他社製品の修理対応のお店に相談
①大手メーカーを利用していましたが一回の修理代が10万円以上もかかっていました。そのうえ修理するより新しく買うように進められるので何だか修理に出しにくい状況でした。
②そのような事もあり、他社製品でも修理対応なかつら販売店を見つけていた所、他社製品修理にも対応していて、料金的にも比較的に良心的な対応が可能と言うグッドジョブヘアさんに相談し料金を見積もってもらったら36750円でできると言う事で驚きました。
③かつらはどうしても長年使うと痛みが出てしまうものですし、正直な話し店舗を変えるは当初は抵抗がありましたが、他社製品の修理に関しても迅速且つ低価格で仕上がりも良かった事もあり、次回、かつらの買い替えを検討する際も是非相談させて頂きたいと考えています。
かつら・ウィッグとは・・・・
■髪を補う装飾品として
加齢(親の遺伝が大きい)だけでなく、過度のストレスや抗がん剤の使用などによる脱毛症によって失われてしまった頭部の一部分、または全体の毛を補うためにかつらは使用される。特に加齢による脱毛用のかつらは、若く見せたいという心理的欲求が強く関わっていると言われている。
特に男性かつらについては、値段が高額であることが欠点となっている。女性のかつらとは違い、男性かつらは自分の頭の形状・年齢・髪質などにぴったり合うかつらでなければ不自然に見えるため、ほとんどが受注生産になり、かつら一つ当たり約50万円から100万程度が相場となっている。それでも人によっては生え際の不自然さが目立つ場合があり、一目でかつらと判断されることもある。かつら生産は労働集約的産業であり、製造費のうち人件費が比較的大きな割合を占めることから、現在ではほとんどが中国などの人件費の安い国で生産されている。
また、夏場や梅雨時、雨が降るような湿気の多い日などにかつらを着用していると、頭部が極端に蒸れるという現象に見舞われることがある。こういった場合、一度かつらをその場で外すなどし、頭部の汗や、汗でぬれたかつらなどをハンカチなどで拭かなければ、頭部に激しいかゆみや軽いただれをもたらしたり、かつら自体の品質を低下させるなどの恐れが生じる。これが自分にとって重要な人(上司や交渉先のお偉いさん)と面会していたり、通勤通学中など、かつらを外すことが難しい状況で起こる可能性を十分に考慮しなければならない。このような場合、トイレに駆け込むなどの対処が一般的であるが、これもかつらが敬遠される理由の一つである。 このような目的で用いられるかつらは、一種の恥部としてとらえられる「ハゲ」を隠すために用いられるものという印象が強く、かつらを使っていることは隠すべきことという意識が着用者・非着用者を問わず強い。
少しかつらが後ろ・横にずれることがあっても、その着用者は気づかない場合がある。ある相手と話していたりする場合、相手の人間はその人との人間関係を損ないたくないという気持ちが働き、そのことには触れないが、かえって人間関係をぎくしゃくさせてしまう可能性がある。テレビの暴露番組や、その他のバラエティ番組で「あの芸能人はかつらをかぶっている」などの話のネタとして「かつら」が持ち出されることもある。またタモリといったタレントは、自分がかつらをかぶっているタレントではないかという噂を逆に利用して、話のネタとして利用している場合もある。
■髪型を変える装飾品として
かつらは髪型や髪の色全体を変えて見せるためにも用いられる。設定が西洋であったり、昔の時代である演劇や時代劇といったドラマなどで、俳優の現在の髪型からはセットすることが不可能であったり、たとえ可能であっても日常生活に支障が出たり、一々セットするよりもかつらをかぶったほうが手軽な場合に用いられる。
『8時だョ!全員集合』などのコントでは爆発シーンの後のお笑い芸人、アイドルの頭に巨大なアフロのカツラをかぶせて、視聴者の笑いを誘うために用いられる場合もある。ヘアバンドと組み合わせて用いる、頭頂部から後ろの部分のみのハーフウィッグ、日本髪を結うときにその形状を保つためのかもじ、アップスタイルやツインテール、シニヨンなどの形状になった付け毛(バンス)等もかつらに含まれる。
近年はファッションアイテムや女性対象のものを「ウィッグ」と呼ぶ傾向が見受けられる。アニメやゲームの登場人物のキャラクターに扮するコスプレの業界においてはウィッグが標準的な呼び方となっている。また、医療用かつらでも、女性用の場合はウィッグという言葉を使う会社(メーカー)もある。女性用 ウィッグ通販