薄毛は22年で約1.67倍も上昇|大手店と同等の製品が7万円~オーダメイド。まとめ購入不要の増毛も好評を頂いております
かつら

薄毛は22年で約1.67倍も上昇

薄毛
●薄毛の原因どうして症状が起こるの?...
日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています。近年は、女性の薄毛の悩みも増加する傾向にあります。背景には、ホルモンの影響、遺伝的要素、食生活、ストレスなどの理由が考えられています。髪は頭部を直射日光や暑さ寒さから守り、外部の衝撃から保護するクッションの役割を果たしています。
髪を含むすべての体毛は、伸び続けるわけではなく、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい毛が生えてくるというサイクルをくり返します。これをヘアサイクルといい、「成長期」「移行期」「休止期」の3期に分けられます。
【世界21の国と地域の成人男性薄毛率調査データ表:高薄毛率準】
順位
調査地
薄毛率
薄毛人口
薄毛率・対日本比
1チェコ(プラハ)42.79%158万人1.64倍
2スペイン(マドリッド)42.60%650万人1.64倍
3ドイツ(フランクフルト)41.24%1263万人1.58倍
4フランス(パリ)39.10%787万人1.50倍
5アメリカ(NY/LA/シカゴ)39.04%4027万人1.50倍
6イタリア(ミラノ)39.01%874万人1.50倍
7ポーランド(ワルシャワ)38.84%505万人1.49倍
8オランダ(アムステルダム)37.93%216万人1.46倍
9カナダ(モントリオール)37.42%441万人1.44倍
10イギリス(ロンドン)36.03%760万人1.38倍
11ロシア(モスクワ)33.29%1623万人1.28倍
12オーストラリア(シドニー)30.39%208万人1.17倍
13メキシコ(メキシコシティ)28.28%811万人1.09倍
14日本(東京)26.05%1293万人-
15中国(香港)24.68%61万人0.95倍
16シンガポール(シンガポール)24.06%41万人0.92
17タイ(バンコク)23.53%476万人0.90倍
18マレーシア(クアラルンプール)22.76%152万人0.87倍
19台湾(台北)22.59%175万人0.87倍
20韓国(ソウ讃)22.37%337万人0.86倍
21中国(上海)19.04%8876万人0.73倍
※「世界の成人男性薄毛率」調査結果より
調査を実施した21ヶ国中、日本は14位という結果に。世界的にみたら、日本人は比較的薄毛になりにくいということが言えそうです。 しかし、この結果に安心してはいけません。1982年に実施されたとき、日本の薄毛率は15.60%。日本の最新データが2004年のものですから、22年で約1.67倍も上昇しています。
これは一体何が原因なのでしょうか?薄毛率上位の国の特徴から答えを推測してみましょう。この順位を見ると上位に欧米系、下位にアジア系がきていることがわかります。つまり遺伝子による影響が少なからずあるということがいえそうです。 わかりやすいところでいうと欧米人の平均的な髪の毛の太さは40~60ミクロンですが、東洋人の場合は60~80ミクロン。毛が太いため、薄毛ではないように見えるということもあるのでしょう。
このことから日本人の薄毛が増加した原因のひとつとして、国際結婚が珍しいものではなくなり、欧米人の血が入ることで髪質が変化したということもあるのではないでしょうか。 日本で国際結婚が盛んになったのが1980年代、いわゆるバブルの時代といわれています。確かにそのころ産まれた子供は、近年成人になっているので可能性としては否定できないところでしょう。 しかし、薄毛率はゆるやかに上昇しているため、これ以外にも原因はありそうです。
かつら・ウィッグとは・・・・
■髪を補う装飾品として
加齢(親の遺伝が大きい)だけでなく、過度のストレスや抗がん剤の使用などによる脱毛症によって失われてしまった頭部の一部分、または全体の毛を補うためにかつらは使用される。特に加齢による脱毛用のかつらは、若く見せたいという心理的欲求が強く関わっていると言われている。
特に男性かつらについては、値段が高額であることが欠点となっている。女性のかつらとは違い、男性かつらは自分の頭の形状・年齢・髪質などにぴったり合うかつらでなければ不自然に見えるため、ほとんどが受注生産になり、かつら一つ当たり約50万円から100万程度が相場となっている。それでも人によっては生え際の不自然さが目立つ場合があり、一目でかつらと判断されることもある。かつら生産は労働集約的産業であり、製造費のうち人件費が比較的大きな割合を占めることから、現在ではほとんどが中国などの人件費の安い国で生産されている。
また、夏場や梅雨時、雨が降るような湿気の多い日などにかつらを着用していると、頭部が極端に蒸れるという現象に見舞われることがある。こういった場合、一度かつらをその場で外すなどし、頭部の汗や、汗でぬれたかつらなどをハンカチなどで拭かなければ、頭部に激しいかゆみや軽いただれをもたらしたり、かつら自体の品質を低下させるなどの恐れが生じる。これが自分にとって重要な人(上司や交渉先のお偉いさん)と面会していたり、通勤通学中など、かつらを外すことが難しい状況で起こる可能性を十分に考慮しなければならない。このような場合、トイレに駆け込むなどの対処が一般的であるが、これもかつらが敬遠される理由の一つである。 このような目的で用いられるかつらは、一種の恥部としてとらえられる「ハゲ」を隠すために用いられるものという印象が強く、かつらを使っていることは隠すべきことという意識が着用者・非着用者を問わず強い。
少しかつらが後ろ・横にずれることがあっても、その着用者は気づかない場合がある。ある相手と話していたりする場合、相手の人間はその人との人間関係を損ないたくないという気持ちが働き、そのことには触れないが、かえって人間関係をぎくしゃくさせてしまう可能性がある。テレビの暴露番組や、その他のバラエティ番組で「あの芸能人はかつらをかぶっている」などの話のネタとして「かつら」が持ち出されることもある。またタモリといったタレントは、自分がかつらをかぶっているタレントではないかという噂を逆に利用して、話のネタとして利用している場合もある。
■髪型を変える装飾品として
かつらは髪型や髪の色全体を変えて見せるためにも用いられる。設定が西洋であったり、昔の時代である演劇や時代劇といったドラマなどで、俳優の現在の髪型からはセットすることが不可能であったり、たとえ可能であっても日常生活に支障が出たり、一々セットするよりもかつらをかぶったほうが手軽な場合に用いられる。
『8時だョ!全員集合』などのコントでは爆発シーンの後のお笑い芸人、アイドルの頭に巨大なアフロのカツラをかぶせて、視聴者の笑いを誘うために用いられる場合もある。ヘアバンドと組み合わせて用いる、頭頂部から後ろの部分のみのハーフウィッグ、日本髪を結うときにその形状を保つためのかもじ、アップスタイルやツインテール、シニヨンなどの形状になった付け毛(バンス)等もかつらに含まれる。
近年はファッションアイテムや女性対象のものを「ウィッグ」と呼ぶ傾向が見受けられる。アニメやゲームの登場人物のキャラクターに扮するコスプレの業界においてはウィッグが標準的な呼び方となっている。また、医療用かつらでも、女性用の場合はウィッグという言葉を使う会社(メーカー)もある。女性用 ウィッグ通販