かつらの素材で自然さと耐久性の見分け|大手店と同等の製品が7万円~オーダメイド。まとめ購入不要の増毛も好評を頂いております
かつら

かつらの素材で自然さと耐久性の見分け

かつらメーカーを選ぶ上で重要なのは,何より値段と品質です。しかし,品質の良さを見抜こうと思っても,かつらに慣れている方でないと戸惑ってしまうかもしれません。広告を見ていると,どのかつらも高品質に見えて,差がわからなくなってしまいそうですね。
このサイトをご覧になっている方の多くは,激安かつらにはじめて興味を持たれた方だと思います。「低価格でかつらがつくれるのは魅力的だけど、品質は本当に高いのかな...?」なんて思われる方もいらっしゃるでしょう。
でもご安心下さい!実は,かつらの品質を判断するためのコツがあるんです。これを押さえておけば,きっと満足のいくかつらが手に入ると思います。
私がかつらをつくる際にチェックしたポイントをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。かつらの装着方法は,大きくわけて以下の3つがあります。ピン留め編みこみ両面テープ・接着剤ピン留めタイプは,ピンで自毛を挟んで固定するタイプです。脱着が簡単ですが,ちょっとしたことでズレてしまうので,あまりオススメできません。
編みこみかつらは,自毛に糸を編みこみ,そこに別の糸でかつらを固定する方法です。強力に固定される為,スポーツのような激しい動きのある方にオススメです。ただ、着脱が自分ではできないので,やや清潔さには欠けます。
最近主流になりつつあるのが,両面テープ・接着剤で装着するタイプのものです。かつら用の特殊なテープや接着剤を使って、かつらを頭皮に貼りつけ,固定します。自毛がない場合でも装着できる点と,地肌に密着するため自然な仕上がりになる点がメリットです。
人工肌と呼ばれるもので,見た目は本物の肌と見分けがつかないほど。これが頭皮に乗っていても,すぐには人工肌と本物の肌の境目がわかりません。自然な地肌を演出するのに向いています。ただし,フィルム状になっているために,通気性は悪く,ムレやすくなっています。
せっかく自分にピッタリのかつらを見つけても、それがすぐにダメになっては仕方がありません。どれだけ長持ちするか、耐久性もチェックしましょう。 かつらの歴史は長く,現代においても新たな素材が開発され,日進月歩の速さで進化を遂げています。それに伴って品質も向上を続けており,より自然で,つけ心地のよいかつらが生まれているのです。
(装着感)(見た目の自然さ)(装着方法)そして『耐久性』という4点がかつらの品質を決めることは今でも変わりません。しっかりとチェックして,低価格でも品質の高いかつらを手に入れましょう!
薄毛
こんにちわグッドジョブヘア福岡店長の樋口です。かつらの買い替え時期は製品の土台部分であるベース素材により大きく変わります。
かつらのメーカーで5万円から10万円くらいの価格帯の製品の場合は薄いネットベース素材で人工皮膚が無く毛の植え方も簡易的な物が多く数ヶ月で買い替える タイプが殆どです。
グッドジョブヘアの考え方は最高の素材で自然さと耐久性を追求していく事です。低価格でも数ヶ月で痛みが出て買い替えが発生する製品は結果的には高く付く場合が多いのです。
自然さは素材の薄さにも左右されますが,その分痛みやすくなります。グッドジョブヘアでは自然さに関係するパーツは交換出来きます。製品の80パーセントはパーツ交換可能な仕様で自然さを損なわずに長く使う事が出来るのです。
現在は色々なかつらメーカーが乱立してきている状況になっています。例えばテレビCMでよく見るメーカーや美容室を中心で販売している所や激安かつら専門とか通販専門のメーカーなど色々です。
そんな中でグッドジョブヘアの得意分野は編み込みと言う自毛と一体化して常時装着するタイプと頭皮に貼付ける極薄のナノスキン人工皮膚を中心としたタイプです。
編み込みも貼付けタイプも頭皮のご状態や普段の生活状況に応じてバリエーションがあります。編み込みなのに自宅で外せて激しい運動にも耐えられると言う新しい装着法もあります。
どちらも自然さを追求しながらお客様の経済的なご負担を減らせる製品です。またグッドジョブヘアが対面販売を続けているのはお客様のリスクが一番少ない方法だからです。やはりお会いして細かくご希望を聞きながら仕上げる事が完全に満足して頂くためには必要だと考えます。

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

かつら・ウィッグとは・・・・
■髪を補う装飾品として
加齢(親の遺伝が大きい)だけでなく、過度のストレスや抗がん剤の使用などによる脱毛症によって失われてしまった頭部の一部分、または全体の毛を補うためにかつらは使用される。特に加齢による脱毛用のかつらは、若く見せたいという心理的欲求が強く関わっていると言われている。
特に男性かつらについては、値段が高額であることが欠点となっている。女性のかつらとは違い、男性かつらは自分の頭の形状・年齢・髪質などにぴったり合うかつらでなければ不自然に見えるため、ほとんどが受注生産になり、かつら一つ当たり約50万円から100万程度が相場となっている。それでも人によっては生え際の不自然さが目立つ場合があり、一目でかつらと判断されることもある。かつら生産は労働集約的産業であり、製造費のうち人件費が比較的大きな割合を占めることから、現在ではほとんどが中国などの人件費の安い国で生産されている。
また、夏場や梅雨時、雨が降るような湿気の多い日などにかつらを着用していると、頭部が極端に蒸れるという現象に見舞われることがある。こういった場合、一度かつらをその場で外すなどし、頭部の汗や、汗でぬれたかつらなどをハンカチなどで拭かなければ、頭部に激しいかゆみや軽いただれをもたらしたり、かつら自体の品質を低下させるなどの恐れが生じる。これが自分にとって重要な人(上司や交渉先のお偉いさん)と面会していたり、通勤通学中など、かつらを外すことが難しい状況で起こる可能性を十分に考慮しなければならない。このような場合、トイレに駆け込むなどの対処が一般的であるが、これもかつらが敬遠される理由の一つである。 このような目的で用いられるかつらは、一種の恥部としてとらえられる「ハゲ」を隠すために用いられるものという印象が強く、かつらを使っていることは隠すべきことという意識が着用者・非着用者を問わず強い。
少しかつらが後ろ・横にずれることがあっても、その着用者は気づかない場合がある。ある相手と話していたりする場合、相手の人間はその人との人間関係を損ないたくないという気持ちが働き、そのことには触れないが、かえって人間関係をぎくしゃくさせてしまう可能性がある。テレビの暴露番組や、その他のバラエティ番組で「あの芸能人はかつらをかぶっている」などの話のネタとして「かつら」が持ち出されることもある。またタモリといったタレントは、自分がかつらをかぶっているタレントではないかという噂を逆に利用して、話のネタとして利用している場合もある。
■髪型を変える装飾品として
かつらは髪型や髪の色全体を変えて見せるためにも用いられる。設定が西洋であったり、昔の時代である演劇や時代劇といったドラマなどで、俳優の現在の髪型からはセットすることが不可能であったり、たとえ可能であっても日常生活に支障が出たり、一々セットするよりもかつらをかぶったほうが手軽な場合に用いられる。
『8時だョ!全員集合』などのコントでは爆発シーンの後のお笑い芸人、アイドルの頭に巨大なアフロのカツラをかぶせて、視聴者の笑いを誘うために用いられる場合もある。ヘアバンドと組み合わせて用いる、頭頂部から後ろの部分のみのハーフウィッグ、日本髪を結うときにその形状を保つためのかもじ、アップスタイルやツインテール、シニヨンなどの形状になった付け毛(バンス)等もかつらに含まれる。
近年はファッションアイテムや女性対象のものを「ウィッグ」と呼ぶ傾向が見受けられる。アニメやゲームの登場人物のキャラクターに扮するコスプレの業界においてはウィッグが標準的な呼び方となっている。また、医療用かつらでも、女性用の場合はウィッグという言葉を使う会社(メーカー)もある。女性用 ウィッグ通販