医療用ネットベースと通気性人工皮膚付きウィッグ|大手店と同等の製品が7万円~オーダメイド。まとめ購入不要の増毛も好評を頂いております
かつら
医療用ネットベースと通気性人工皮膚付きウィッグ

医療用ネットベースと通気性人工皮膚付きウィッグ

●抗がん剤による脱毛時のかつら(ウィッグ)...抗がん剤による脱毛の場合は、脱毛の箇所が全体的に起こるので、少なくなった部分をカバーする部分タイプよりも、全体的にスタイルを作り頭を覆う全頭タイプ(オールタイプ)のウィッグ(かつら)を使う必要があります。
●円形脱毛症・やけど、ケガをカバーするかつら(ウィッグ)...脱毛の大きさ、箇所によっては自毛で隠すか、部分ウィッグ(かつら)でも十分です。しかし、脱毛の箇所がまばらな場合や、広範囲にわたる場合は、全頭タイプ(オールタイプ)のウィッグ(かつら)を使う必要があります。
薄毛
お客様から、かつらを装着したまま病院のレントゲン検査やCT検査をしても大丈夫かとよく質問されます。かつらには色々な種類がありますが金属の留め具がついたタイプはCTもレントゲンも写ってしまいますし、特にMRI検査では磁気を使うため金属ははずさなくてはいけません。また、金属が付いていなくてもポリウレタンやシリコン製の人工皮膚が付いたタイプは写り込んでしまいます。同じ人工皮膚でも最新の繊維で出来た人工皮膚タイプやマイクロベールタイプはCTやレントゲン、MRIでも大丈夫です。グッドジョブでも最近では主流の製品です。
尚、今年に入って急にご来店される新規のお客様が増えたのですが、前年の約3倍のご来店です。何故急激に新規のお客様が増えたのかを考えたところやはり現在の不景気の影響ではないかと思いました。今まで大手に通われていて高額な維持費ながらも他社に変わる勇気が出なかった方々が、 もっと維持費が安くてしかも自然さはスポイルされないお店を真剣に考えてくれているのでは ないかと考えます。どのようなきっかけであっても一度グッドジョブで製品を見ていただき、話を聞いていただけるだけでも本当にうれしく思います。
抗がん剤や放射線による脱毛でかつらが必要になったと言う御相談を受ける事が増えていますが、治療による副作用の脱毛は頭皮全体におよぶ場合が多いため全頭用のオールタイプかつらを作ります。 現在はオールタイプの大きめのかつらでも3万円から10万円程度の格安のかつらもあるようですが、かつらの場合人工皮膚とよばれる地肌部分の作りが肝心です。安いタイプはこの人工皮膚が無かったり古いタイプが使われている事もあり注意が必要です。グッドジョブの医療用オールタイプは7万円から19万8千円ですが最新の医療用かつら医療用ネットベースと通気性人工皮膚付きになります。
通常のかつらですとストッパーや編み込みの時に留めている自毛に負担がかかる場合があります。さらに製品のネット部分は自毛と接続している周囲のネットが痛みやすく修理もしにくいものです。今回開発しましたソフィットトはストッパーや編み込みの自毛と結着する周囲にソフト伸縮素材を使い自毛への負担を減らします。
またにストッパーの留りがよくなり伸縮部分が自毛にかかるかつらの力を吸収しソフトな付け心地を実現しました。そして修理の時は周囲の伸縮ネットごと交換できるので寿命も延ばせます。グッドジョブヘアのオリジナル製品です。 ※ストッパーは伸縮部分に付いていますので ソフトな付け心地でしかも強く付きます。 ストッパーが痛い方にも最適です。 周囲は交換も出来ます

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

かつら・ウィッグとは・・・・
■髪を補う装飾品として
加齢(親の遺伝が大きい)だけでなく、過度のストレスや抗がん剤の使用などによる脱毛症によって失われてしまった頭部の一部分、または全体の毛を補うためにかつらは使用される。特に加齢による脱毛用のかつらは、若く見せたいという心理的欲求が強く関わっていると言われている。
特に男性かつらについては、値段が高額であることが欠点となっている。女性のかつらとは違い、男性かつらは自分の頭の形状・年齢・髪質などにぴったり合うかつらでなければ不自然に見えるため、ほとんどが受注生産になり、かつら一つ当たり約50万円から100万程度が相場となっている。それでも人によっては生え際の不自然さが目立つ場合があり、一目でかつらと判断されることもある。かつら生産は労働集約的産業であり、製造費のうち人件費が比較的大きな割合を占めることから、現在ではほとんどが中国などの人件費の安い国で生産されている。
また、夏場や梅雨時、雨が降るような湿気の多い日などにかつらを着用していると、頭部が極端に蒸れるという現象に見舞われることがある。こういった場合、一度かつらをその場で外すなどし、頭部の汗や、汗でぬれたかつらなどをハンカチなどで拭かなければ、頭部に激しいかゆみや軽いただれをもたらしたり、かつら自体の品質を低下させるなどの恐れが生じる。これが自分にとって重要な人(上司や交渉先のお偉いさん)と面会していたり、通勤通学中など、かつらを外すことが難しい状況で起こる可能性を十分に考慮しなければならない。このような場合、トイレに駆け込むなどの対処が一般的であるが、これもかつらが敬遠される理由の一つである。 このような目的で用いられるかつらは、一種の恥部としてとらえられる「ハゲ」を隠すために用いられるものという印象が強く、かつらを使っていることは隠すべきことという意識が着用者・非着用者を問わず強い。
少しかつらが後ろ・横にずれることがあっても、その着用者は気づかない場合がある。ある相手と話していたりする場合、相手の人間はその人との人間関係を損ないたくないという気持ちが働き、そのことには触れないが、かえって人間関係をぎくしゃくさせてしまう可能性がある。テレビの暴露番組や、その他のバラエティ番組で「あの芸能人はかつらをかぶっている」などの話のネタとして「かつら」が持ち出されることもある。またタモリといったタレントは、自分がかつらをかぶっているタレントではないかという噂を逆に利用して、話のネタとして利用している場合もある。
■髪型を変える装飾品として
かつらは髪型や髪の色全体を変えて見せるためにも用いられる。設定が西洋であったり、昔の時代である演劇や時代劇といったドラマなどで、俳優の現在の髪型からはセットすることが不可能であったり、たとえ可能であっても日常生活に支障が出たり、一々セットするよりもかつらをかぶったほうが手軽な場合に用いられる。
『8時だョ!全員集合』などのコントでは爆発シーンの後のお笑い芸人、アイドルの頭に巨大なアフロのカツラをかぶせて、視聴者の笑いを誘うために用いられる場合もある。ヘアバンドと組み合わせて用いる、頭頂部から後ろの部分のみのハーフウィッグ、日本髪を結うときにその形状を保つためのかもじ、アップスタイルやツインテール、シニヨンなどの形状になった付け毛(バンス)等もかつらに含まれる。
近年はファッションアイテムや女性対象のものを「ウィッグ」と呼ぶ傾向が見受けられる。アニメやゲームの登場人物のキャラクターに扮するコスプレの業界においてはウィッグが標準的な呼び方となっている。また、医療用かつらでも、女性用の場合はウィッグという言葉を使う会社(メーカー)もある。女性用 ウィッグ通販