抗がん剤による脱毛と掛かる予算|大手店と同等の製品が7万円~オーダメイド。まとめ購入不要の増毛も好評を頂いております
かつら

抗がん剤による脱毛と掛かる予算

脱毛は恥ずかしい... 抗癌剤によって起こる脱毛は、男女いずれにも起こりうるが、経験的には女性の方が精神的ダメージが大きい。というのも、高齢男性はさほど毛髪が少なくても違和感がないと思われるが、いかなる年齢層においても女性にとって脱毛というのは計り知れない羞恥心を惹起させてしまう。
医療従事者、特に抗癌剤治療をおこなっている医師はしばしば感覚が麻痺してしまうかもしれないが、"脱毛"という副作用はきわめてストレスが大きなものだということを認識しておかねばならない。医療用ウィッグについて情報が少ない医療従事者がかなり多いため、癌患者さんを診療している医療従事者はそういった情報にもアンテナを張っておく必要がある。
医療用ウィッグが欧米では当たり前のように使用されているが、実は日本では大手メーカーが開発販売しているにも関わらず、普及率はそこまで高いものではない。この大きな原因の1つが医療従事者の知識・情報やカウンセリングなどの体制が不足していることが挙げられる。
ウィッグが普及しにくいもう1つの理由として、その値段が挙げられる。医療用ウィッグの値段はピンキリであるが、オーダーメイドにすることで値段が高くなってしまう。毛色などの問題で、部分用医療用かつらだと地毛の色に合わせるために、ある程度オーダーメイドにしなければならなくなる。
上記の理由から、癌の病棟で脱毛を隠すためにバンダナを使用している女性はまだまだ多い。しかし、バンダナだと冠婚葬祭に出席なんて到底できないだろう。そのため、私たちは医療用ウィッグの情報を患者さんに提供して差し上げる必要があるが、医療従事者に医療用ウィッグの教育がなされることはない為、患者さんが自力で情報収集をしているのが現状である。
地方のメーカーや、もう少し規模の小さなメーカーは他にもたくさんあると思うが、どのメーカーのどのウィッグにするかは、人それぞれである。予算と見た目、品質を天秤にかける必要もあるかもしれない。
薄毛
抗がん剤や放射線による脱毛でかつらが必要になる場合がありますが、治療による副作用の脱毛は頭皮全体におよぶ場合が多いため全頭用のオールタイプかつらを作ります。
現在はオールタイプの大きめのかつらでも3万円から10万円程度の格安のかつらもあるよう ですがかつらの場合人工皮膚とよばれる地肌部分の作りが肝心です。
安いタイプはこの人工皮膚が無かったり古いタイプが使われている事もあり注意が必要です。グッドジョブの医療用オールタイプは15万円から19万8千円ですが最新の医療用かつら・医療用ネットベースと通気性人工皮膚付きになります。
グッドジョブヘアにご来店いただいているお客様は他社かつらメーカーからの方が7割ほどいらっしゃいます。とりわけ大手メーカーをながく御利用されていたお客様が多いのですが皆様が以前のお店から変わられた理由で多いのが次の3つです。まず販売の仕方が強引だったり毎回セールス的な話が多い事。
次に多いのが担当者の技術や知識にむらがあり思い通りのスタイルに出来ない事とスタッフの転勤が多く同じ担当者に固定出来ない事。3つ目は製品の価格や技術代が高くて年間のコストがかかりすぎるというものでした。グッドジョブヘアはベテラン技術者のみが担当いたしますし、転勤もありませんから担当スタッフも固定しますので常に同じ技術がうけられます。
そして技術時間も長めにとっておりますのでゆったりとスタイルの相談やサービスを受けていただきます。もちろん不快なセールストークなど皆無ですし価格も明示しておりますので実際に行ってみたら高い価格だった等はありませんので安心してご来店ください。

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

かつら・ウィッグとは・・・・
■髪を補う装飾品として
加齢(親の遺伝が大きい)だけでなく、過度のストレスや抗がん剤の使用などによる脱毛症によって失われてしまった頭部の一部分、または全体の毛を補うためにかつらは使用される。特に加齢による脱毛用のかつらは、若く見せたいという心理的欲求が強く関わっていると言われている。
特に男性かつらについては、値段が高額であることが欠点となっている。女性のかつらとは違い、男性かつらは自分の頭の形状・年齢・髪質などにぴったり合うかつらでなければ不自然に見えるため、ほとんどが受注生産になり、かつら一つ当たり約50万円から100万程度が相場となっている。それでも人によっては生え際の不自然さが目立つ場合があり、一目でかつらと判断されることもある。かつら生産は労働集約的産業であり、製造費のうち人件費が比較的大きな割合を占めることから、現在ではほとんどが中国などの人件費の安い国で生産されている。
また、夏場や梅雨時、雨が降るような湿気の多い日などにかつらを着用していると、頭部が極端に蒸れるという現象に見舞われることがある。こういった場合、一度かつらをその場で外すなどし、頭部の汗や、汗でぬれたかつらなどをハンカチなどで拭かなければ、頭部に激しいかゆみや軽いただれをもたらしたり、かつら自体の品質を低下させるなどの恐れが生じる。これが自分にとって重要な人(上司や交渉先のお偉いさん)と面会していたり、通勤通学中など、かつらを外すことが難しい状況で起こる可能性を十分に考慮しなければならない。このような場合、トイレに駆け込むなどの対処が一般的であるが、これもかつらが敬遠される理由の一つである。 このような目的で用いられるかつらは、一種の恥部としてとらえられる「ハゲ」を隠すために用いられるものという印象が強く、かつらを使っていることは隠すべきことという意識が着用者・非着用者を問わず強い。
少しかつらが後ろ・横にずれることがあっても、その着用者は気づかない場合がある。ある相手と話していたりする場合、相手の人間はその人との人間関係を損ないたくないという気持ちが働き、そのことには触れないが、かえって人間関係をぎくしゃくさせてしまう可能性がある。テレビの暴露番組や、その他のバラエティ番組で「あの芸能人はかつらをかぶっている」などの話のネタとして「かつら」が持ち出されることもある。またタモリといったタレントは、自分がかつらをかぶっているタレントではないかという噂を逆に利用して、話のネタとして利用している場合もある。
■髪型を変える装飾品として
かつらは髪型や髪の色全体を変えて見せるためにも用いられる。設定が西洋であったり、昔の時代である演劇や時代劇といったドラマなどで、俳優の現在の髪型からはセットすることが不可能であったり、たとえ可能であっても日常生活に支障が出たり、一々セットするよりもかつらをかぶったほうが手軽な場合に用いられる。
『8時だョ!全員集合』などのコントでは爆発シーンの後のお笑い芸人、アイドルの頭に巨大なアフロのカツラをかぶせて、視聴者の笑いを誘うために用いられる場合もある。ヘアバンドと組み合わせて用いる、頭頂部から後ろの部分のみのハーフウィッグ、日本髪を結うときにその形状を保つためのかもじ、アップスタイルやツインテール、シニヨンなどの形状になった付け毛(バンス)等もかつらに含まれる。
近年はファッションアイテムや女性対象のものを「ウィッグ」と呼ぶ傾向が見受けられる。アニメやゲームの登場人物のキャラクターに扮するコスプレの業界においてはウィッグが標準的な呼び方となっている。また、医療用かつらでも、女性用の場合はウィッグという言葉を使う会社(メーカー)もある。女性用 ウィッグ通販